~ アフターピル通販ナビ ~

避妊しない男の本音とハッキリ断れない女性の心理・相手も自分も不快な思いをしない効果的な相手への伝え方をご紹介します。

避妊しない男には要注意!

2018/7/26

男性と下を向く女性

世の中の男性の多くは自発的に避妊を行い、女性の体を守るように努めています。

ですが、中には「避妊しようとしない男」もいます。
そういった避妊しない男と関係を持ってしまうと、非常に多くの苦労と辛さを味わうことになります。

自分自身を守るために、常日頃から注意しておくようにしましょう。


避妊しない男の本音

自分から避妊しない男は、どういったことを思って避妊をしないのでしょうか?
ここでは、そういった避妊しない男の本心を紹介します。

理性がきかない

まず初めに挙げられるのは、理性がきかないということです。

抱き合う男女

目の前に自分の好きな人がいて、その人のことを思っていると理性が飛んでしまい、避妊しないという男は多いものです。

ですが、そういった状態になってしまうのを許してしまうと、そのままズルズルと避妊しないのが当たり前になります。
そして、避妊を忘れる男からしない男になってしまうのです。

ゴムを買うのもつけるのも面倒

避妊しない男の本心、2つめはゴムを買うのもつけるのも面倒くさい、というパターンです。

コンドームを持つ男性

ゴムは、コンビニなどで簡単に購入でき、1箱あたりの値段もそこまで高くはありません。

しかし、「ゴムを購入すること」「装着すること」を面倒くさいと思っている人の多くが、避妊せずにそのまま行為に及んでしまっています。

避妊とコンドームについて

誤った避妊に対する知識

避妊をしない男の本心、3つめは間違った避妊に関する知識を持っているために避妊しない、というものです。

避妊の正しい知識を身に着けている人というのは、実は男女問わず非常に少なく、多くの人がどこか間違った認識のままいます。

本

そのため、今は避妊しなくても大丈夫、避妊せずに行為に及んでも対処できる、というような思い込みをしてしまった結果、避妊しない男が生み出されていきます。

結婚したいしたいと思っている

手を繋ぐ男女

最後に紹介するのは、結婚したいと思っているから避妊しないというものです。
これまでとは逆で、女性にとっては嬉しい本心かもしれません。

このような考えの人は、相手の負担になるのであれば避妊。結婚し夫婦となるのであれば避妊をしなくても良い、子どもができてもいい、結婚したいから子どもを先に作ってしまおう、と思っている人です。

避妊してくれない男の割合

行為の際に避妊してくれず、そのまま性行為をおこなってしまった、という経験がある女性は、約7~8割にのぼるとされています。

避妊してくれない、もしくはしないと決めている男は、女性が思っている以上に多く存在しているのです。

避妊は男だけの問題ではない・・・

寄り添う男女

避妊しない男は、非常に多く存在しており、そういった方と交際を始めた際は、自分の身を自分で守ることを意識した行動を取らなければ、望まない妊娠に繋がります。

行動とは、ズバリ!女性主体の避妊です。
女性が主体的に!?と驚くかもしれませんが、低用量ピルや女性用コンドームなど方法はいくつかあります。

男性任せにするのではなく、自分主体の避妊を考えてみてもいいのではないでしょうか?

低用量ピル/マーベロンについて

避妊してほしいときの伝え方

相手に避妊してもらいたいと思った時は、きちんとその意志を伝える必要があります。

ですが、多くの人がどうやって伝えればよいのか、何をどう言えば相手は納得してくれるのか、という不安を感じているでしょう。

そんな人のために、避妊してほしいとき伝え方を紹介します。

ストレートに気持ちを伝える

1つめは、ストレートに自分の気持ちを伝えるという方法です。

ハート

人に何かを伝える時に、回りくどい言い方をしてしまうと相手に意思が伝わらなくなる可能性があります。

そのため、避妊して欲しいと思っているのであれば、遠慮せずストレートに「避妊して欲しい」と伝えましょう。

ポイントは、避妊しないと今日は何もしない、させない、とハッキリ言うことです。

好きだからこそということを伝える

好きだからこそ避妊して欲しい、好きだからこそ避妊するべきだと思うけど…してくれないの?と伝えましょう。

抱き合う男女

避妊しない男にストレートに避妊して欲しいと伝えると、決まって返ってくる言葉があります。
自分のことが嫌いだからそういうこと言うの?
結婚したくないからそういうこと言うの?

このような返答がきた場合は、あくまでも好きだからこそ、お互いの将来を真剣に考えているからこそ避妊してほしいと言いましょう。

避妊しない男にズバッと言えない女性の心理

避妊しない男に、ズバッと避妊してほしいと言えない女性は案外、多いものです。

その理由は、一体何でしょうか?
ここでは避妊してと言えない女性の心理を紹介していきます。

嫌われるかもしれないと思っている

自分が避妊してほしいと言った結果、相手から嫌われるのではないか、という風に思ってしまう心理が働いています。

避妊してほしいと相手言うのは簡単です。
ですが、その言葉がきっかけで相手にがっかりされるのではないか、残念に思われるのではないか、自分に対しての愛が薄れてしまうのではないか、そう思ってしまい言えないということが考えられます。

管理人プロフィール

管理人

名前:佐藤 恵梨香

初めまして♪当サイト管理人の佐藤恵梨香です。
アフターピルを始め、ピルについての情報を発信していきます。